口臭予防グッズの人気ランキング | 口コミも掲載

人気の口臭予防サプリメント TOP7

口臭を体の内側から予防するにあたり、口コミ評価が高い消臭サプリメントを厳選してランキング比較しました。

サプリメントと併用すると、さらに効果的な口臭予防グッズはこちらにてご覧ください。

順位 商品名 内容
1位 レディーズローズ 最高級ダマスクローズによるバラの香りで口臭を抑える
2位 メンズデオ7200 世界10か国で特許取得!4大ニオイケア成分が1粒に
3位 ラクデントC 口臭の主な原因である歯周病を乳酸菌の力で撃退
4位 クリスタル・ローズ 飲むフレグランスの効果で吐息がバラの香りに
5位 楽臭生活 腸内のアンバランスが原因の口臭を爽快に導いてくれる
6位 オーラルデント 唾液がもつ抗菌活用性を高め、口臭の原因菌をブロック
7位 ピュアキス 体内からケアすることで早く口臭を改善する消臭サプリ

代表的な口臭の原因

日常編 空腹、朝食抜き、暴飲暴食、口呼吸、入れ歯、あまり喋らない、睡眠不足
便秘、緊張、ストレス、妊娠、高齢、起床時、タバコなど
病気編 虫歯、歯周病、口内炎、ドライマウス、舌苔、プラーク、歯並びの悪さ
風邪、蓄膿症、降圧剤、治療薬、肺炎、胃潰瘍、腎不全など
食べ物編 にんにく、ネギ、納豆、お酒、プロテイン、柔らかい食べ物、コーヒー、など

日常的な原因による口臭は少なからず誰でも発生しますので、あまり気にする必要はありません。

ちなみに、日常的口臭が最もくさいのは起床時です。

なぜなら、睡眠中は口をほとんど動かさない状態なので、唾液の分泌が減少してしまうことが原因です。

病気が原因の口臭で最も多いのが虫歯、歯周病です。

その他、内臓から発生される臭いについては胃腸内の腐敗物質が原因です。

そして、それら腐敗物に効果的なのがマッシュルームに含まれるシャンピニオンエキスです。

食べ物が原因の口臭で代表的なのがニンニクだと思います。

普通、食べ物による口臭は1日経てば消えますが、
ニンニク料理を食べた際には、次の日でも息がくさい時があります。

また、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドという成分も、口臭の原因になります。

色々な体験談

虫歯に気を付ければ口臭予防になる

口臭予防というと、うがいをして口の中をきれいにするマウスウォッシュが効果的かと思われますが、
一番大事なのは、口の中の健康です。

まず虫歯にならないように気を付けることです。わたしはこどもの頃から虫歯だらけでした。

大人になっても一度治療した歯の詰め物の隙間から虫歯になり、
何度も何度も虫歯を繰り返しているうちにとうとう歯を抜かなければならなくなりました。

歯を抜いたらもうその歯が虫歯になることもないからいいか、と思っていたらそうはいきませんでした。

歯を抜いた途端に唾液があまり出なくなり、口の中が渇くようになりました。特に夜寝ている間がそうです。

すると、翌朝起きた時にすごく息が臭いのです。自分では気づかなかったのですが、
夫に指摘されて臭いを気にしてみると本当に臭くてびっくりしました。

それからマウスウオッシュを使ったり、ミントタブレットを使い、
一時的に口臭はなくなったのですが、時間が経つとまた臭くなります。

いろいろ調べてみたところ、舌苔という舌の上の生えたコケのようなものが臭いの源であることがわかり、
それからは舌ブラシで舌の掃除をしています。舌苔を取り除くと口臭がだいぶ予防できます。

この舌苔ももとはといえば、虫歯で抜歯し舌が渇いたことからできたのですから、
虫歯予防こそ口臭予防になるといっても過言ではありません。

口臭予防はエチケットとして必要不可欠

周りの人の口臭が気になったことがあるという人は多いのではないでしょうか。私もその一人です。

しかし、それを相手に指摘することはできませんでした。

逆に考えると自分に口臭があったとしても誰にも指摘されないということなので、
高い意識をもって口臭予防をしていかなければならないという強い必要性を感じました。

口臭の問題はとてもデリケートなものなので、エチケットのためにも
各自がきちんと予防に努めていくことが重要であると思い、対策を講じることにしました。

口内環境の悪化だけではなく、腸内環境の悪化も口臭に結び付いてしまいます。

私の場合は便秘の症状があったので、乳酸菌や食物繊維を食ことで積極的に摂取して腸内環境の改善に努めました。乳酸菌はヨーグルトで摂取して食物繊維は野菜や果物や大豆製品やシリアルで摂取しました。

その結果、見ことに便秘が改善されて口臭に対する不安も解消されました。

口内環境を清潔に保つために行った対策としては、電動歯ブラシ、普通の歯ブラシ、洗口液、
歯磨き粉、歯間ブラシ、舌ブラシ、フロスなどを駆使して口の中を清潔に保つことを心がけました。

睡眠中は唾液の分泌が少なくなり菌が繁殖しやすいので、寝る前のオーラルケアはとくに念入りに行いました。

すると、朝起きたときに口の中がさすっきりとしていることに気がつきました。
高い効果を実感することができているのでこれからも口臭予防に努めていきたいです。

口臭を防ぐための予防

学生の頃、口臭が気になりだしたので、なんとか臭いを防ぐために自分でいろいろと対策をしてみました。

口の中を清潔にしておけば、臭いも防げると考え、食ことの後の食べかすが歯の隙間などに残らないように、
丁寧に歯磨きをしてみることからはじめました。

実際に少し口臭を抑えることにもなりましたが、もう一つ気になったのが、寝起き時の口臭です。

鼻炎などのアレルギーがあるため、鼻が詰まりやすくそのため、寝ている時に口呼吸になっているらしく、
朝起きると口の中がかわいてしまい、口臭がかなりきつくなっていたのが悩みでした。

口で呼吸をしないように、寝る前には鼻をとおして、また薬や鼻づまり対策などをしっかりと行い、また、寝る前には少し水を飲んで、あらかじめ口の中を水分を与えておいたほうがいいのかと、ベッドに入る前には一口水を飲んで寝るようにしました。

朝、目覚めると何も対策をしないで寝る時に比べてかなり口臭が抑えられていたので、
そのときはかなり嬉しかったのを覚えています。

それ以来、口臭予防として寝る前にはきちんと鼻詰まり対策をして、
また、口の中がかわかないように、水を飲んでから寝る習慣をつけました。それは、今でも続けています。