口臭の原因一覧

朝食抜き

朝食を食べない場合は午前中、空腹状態になる確率が高いです。

空腹状態になると唾液の分泌が少なくなり、それが原因で口臭が発生します。
唾液には、口臭の原因となる硫黄成分を溶かしてくれる機能があります。

口呼吸

口呼吸だと唾液の分泌量が低下してしまうので、口が渇いてきます。

口が渇いてくると細菌が繁殖し、それが原因で口臭が発生します。
唾液には口腔内の汚れを洗い流す作用があるので、口臭予防にとても重要です。

暴飲暴食

暴飲暴食をすると、胃や腸の機能が低下してしまい、口臭が発生する恐れがあります。

早食い

早食いをすると自然と噛む回数が少なくなるので、唾液の分泌量も少なくなります。
唾液の分泌量が少なくなると口の中が渇いてきて、口臭が発生します。唾液は口内を殺菌する作用があり、口臭予防に重要な存在です。

偏食

食べるものが偏っていると味覚障害を起こし、口臭が発生する可能性があります。

入れ歯

入れ歯の表面やバネの部分には歯垢がつきやすいです。そして、それが原因で口臭が発生することがあります。

睡眠不足

睡眠不足だと唾液の分泌が抑制されてしまい、口内細菌が繁殖してしまいます。口内細菌はもちろん、口臭の原因となります。

便秘

便秘により老廃物が体内に長時間存在すると、悪臭物質が発生してしまいます。そして、それらが原因で口臭が発生する可能性があります。

ストレス

ストレスが溜まると、唾液の分泌が正常に行われなくなる可能性があります。
唾液の分泌が正常に行われないと、口の中が渇いてしまい、口臭が発生してしまいます。

無口

あまり喋らない状態が続くと、口の中が渇いてくるので、口臭が発生することが多いです。

免疫力低下

体の免疫力が低下すると、口の中にあるわずかな菌でも発症してしまいます。例えば、歯ぐきが腫れたり、膿が出たりします。
そして、それらがさらに進んでいくと、口臭の原因となる歯周病になる可能性があります。

高齢

年をとるにつれ、唾液の分泌量が不足してくるので、口臭が発生しやすくなります。 唾液には生理的口臭を抑制する機能があります。

起床時

睡眠中は口をほとんど動かさない状態なので、唾液の分泌は減少してしまいます。なので、起床時には口臭が発生してしまうのです。
しかし、起床時の口臭は誰にでもあるので、あまり気にする必要はありません。

タバコ

タバコの煙に含まれるタールやニコチンは、血行を悪くする作用があります。
血行が悪くなると唾液の分泌能力が低下し、最終的には口臭が発生してしまいます。

日焼け

強い日差しを体に浴びると、自然と体の水分が蒸発していきます。
そして、口の中も渇いてきて細菌が繁殖し、それが原因で口臭が発生してしまいます。

高温多湿

高温多湿の日は体からの汗だけでなく、口の中の唾液も一緒に蒸発しています。
口の中の唾液量が少なくなると、細菌が繁殖して口臭が発生してしまいます。

口内炎

口内炎になるということは、口内細菌が繁殖しているということです。 口内細菌が繁殖すると、口臭が発生してしまいます。

虫歯

虫歯が進行し、歯神経が腐ってしまったり、虫歯が多くある場合は口臭が発生します。
また、歯の修復物が合っていない場合も口臭の原因となりますので注意が必要です。

歯周病

歯周病になると免疫力が低下し、歯ぐきが腫れたり、膿が出たりします。
そして、口の中の細菌が増殖し、それらが口臭発生の原因となります。

ドライマウス

ドライマウスとは、口が渇く病気のことです。口の中が渇くと口内細菌が繁殖し、口臭が発生しやすくなります。

舌苔

舌苔(ぜったい)とは、舌の表面を覆う白色の粘着性付着物のことです。
舌苔は口の中を不衛生な状態にし、それが原因で口臭が発生してしまいます。

プラーク

プラークは主に食べかすや細菌の代謝物でできていて、成分はほぼ細菌です。
プラークを放っておくと口内に炎症が起きて、口臭が発生する可能性があります。

歯並び

歯並びが悪いと、歯磨きでは磨きづらい箇所ができてしまい、そこに歯垢が溜まります。
そして、その歯垢をそのまま放っておくと、口臭が発生する可能性があります。

歯ぎしり

歯ぎしりをすると歯周組織に刺激を与えてしまい、歯肉に炎症がおきる恐れがあります。
そして、その炎症が原因で、口臭が発生してしまいます。

歯肉炎

歯肉に炎症がおきると、口腔内に細菌が増殖してしまいます。そして、それが原因で口臭が発生してしまいます。

歯槽膿漏

歯槽膿漏とは歯ぐきから膿がでて、歯を溶かしてしまう病気のことです。そして、その膿が口臭の原因となります。

歯周炎

歯周炎になると歯肉の腫れがひどくなり、歯周ポケットが深くなります。
そして、歯周ポケットに歯垢が溜まり、それが原因で口臭が発生してしまいます。

放射線

放射線の副作用として唾液の分泌機能が抑制されることがあります。 口の中が渇いた状態になると、口臭が発生しやすいです。

風邪

風邪をひくと、体全体の免疫力が低下して細菌が繁殖しやすくなります。 細菌が増殖すると、口臭が発生しやすくなります。

蓄膿症

蓄膿症になると鼻詰まりの状態が続くため、自然に口で呼吸するようになります。
口呼吸になると唾液の分泌量が低下し、口腔内が乾燥してきます。そうすると、口内の衛生環境が悪くなり、口臭が発生してしまいます。

降圧剤

降圧剤を使うと唾液の分泌量が減少してしまうので、口臭が発生しやすいです。 また、降圧剤は眠気が起こることもあります。

抗ヒスタミン剤

抗ヒスタミン剤の副作用として、口の渇きがあげられます。口の中が渇いてくると唾液の分泌が少なくなり、口臭が発生しやすくなります。
唾液には口臭抑制機能があり、口の中のバクテリアや食べ物のカスを洗い流します。

治療薬

治療薬の副作用により唾液の分泌が減少し、口が渇くことがあります。 口が渇いてくると細菌が繁殖し、口臭が発生してしまいます。

急性気管支炎

急性気管支炎になると気管や気管支に炎症が起き、傷ついてしまいます。
膿や口腔内の皮組織が崩壊すると、それに嫌気性菌が付着し、口臭が発生します。

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群の主な症状の中に、口の渇きがあります。口が渇くと唾液の分泌が少なくなり、口臭が発生しやすくなります。
唾液には口臭抑制機能があり、口の中のバクテリアや食べ物のカスを洗い流してくれます。

アデノイド

アデノイドとは「のどちんこ」の奥にある咽頭扁桃のことです。

もし、アデノイドが感染などで大きくなる、鼻の通りが悪くなり、口呼吸になります。
口呼吸になると、唾液分泌が低下し、細菌が繁殖するので口臭が発生します。

がん

がんを治療するにあたって、口の中の粘膜に炎症が起きたりします。

口の中で炎症が起きると口に渇きを覚えるようになり、唾液の分泌量が低下します。
唾液の分泌量が減少すると口内細菌が繁殖し、口臭が発生します。

肺炎

肺炎になると体の免疫力が低下し、歯ぐきが腫れたり、膿が出たりします。
そして、それらが原因で口内細菌が繁殖し、口臭が発生してしまいます。

胃潰瘍

胃潰瘍になると、食べたものが胃の中で異常発酵することがあります。
そこで発生したニオイ物質が血液を流れ、肺から排泄され口臭が発生してしまいます。

慢性扁桃炎

慢性扁桃炎になると喉を傷める可能性が高く、それにより風邪をひいてしまいます。
体の免疫力が低下すると、口臭発生の原因になります。

白血病

なぜ、白血病が原因で口臭が発生するかというと、それは歯周病が関係してきます。
白血病が原因で歯周病になる可能性があり、歯周病が原因で口臭が発生してしまうのです。

腎不全

腎不全になると、代謝のバランスがくずれ、細菌に対する抵抗力が衰えます。
すると、口臭の原因となる歯槽膿漏など歯周病を引き起こしやすいです。

慢性肝炎

慢性肝炎になると、肝臓の働きが低下します。 そして、分解しきれない臭い物質が血液を流れ、全身にめぐり口臭となって表れるのです。

バゼドウ病

バゼドウ病になると、口の渇きを覚えることがあります。口が渇いてくると唾液の分泌が少なくなり、口臭が発生しやすくなります。
唾液には口臭抑制機能があり、口の中のバクテリアや食べ物のカスを洗い流してくれます。

膠原病(こうげんびょう)

膠原病の主な症状の中に、口の渇きがあります。口が渇くと唾液の分泌が少なくなるので、口臭が発生しやすくなります。
唾液には口臭抑制機能があり、口の中のバクテリアや食べ物のカスを洗い流してくれます。

ネギ

ネギに含まれる「アリシン」という揮発性物質が、口臭の原因となります。
しかし、アリシンには体内に侵入した細菌やウィルスを撃退する働きもあります。

納豆

納豆の臭い成分である低級分岐脂肪酸が、口臭の原因となります。
低級分岐脂肪酸とは、大豆が発酵していく過程でアミノ酸が化学変化することで発生します。

お酒

アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドという成分が、口臭の原因となります。
また、アルコールには水分を奪い取る働きもあるので、口が渇き細菌が繁殖しやすいです。細菌が繁殖すると、口臭が発生しやすいです。

お肉

お肉を食べると、タンパク質とバクテリアの関係で口臭が発生する可能性があります。
バクテリアは酸素が無い状態、つまり口の中が渇いて、唾液分泌が少ない時に繁殖します。

コーヒー

コーヒーを多く飲みすぎると、コーヒーの成分が舌の表面に付着したままになります。
すると、口腔内のpHが下がってしまい、口臭が発生してしまいます。

にんにく

にんにくを切ると、アリイナーゼがアリインに働きかけて、アリシンという物質になります。
そして、アリシンが体内に入り再度分解されるのですが、この時に発生するアリルメルカプタンと呼ばれる成分が口臭の原因になります。

プロテイン

プロテインを過剰に摂取すると、腎臓に負担をかけることになります。そして、代謝過程で口臭の元となる臭い物質を作り出します。
そして、それらは血液中や尿中に放出され、口臭として発生されます。

ブロッコリー

ブロッコリーには、口臭の原因となるインドールという成分が含まれています。
インドールは歯周病によっても作られますので、注意が必要です。

柔らかい食べ物

柔らかい物ばかりを食べていると、歯に食べかすが付着しやすくなります。
そして、やがて食べかすが口臭の原因となる歯垢に成長していきます。

このページの先頭へ